×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



適性検査の種類

職業適性検査には次のような種類があります。まずY-G性格検査、これは正式な名称は「矢田部・ギルフォード性格検査」といい、J.P.Guilfordらが開発した検査を矢田部達郎氏らが日本向けに作成し直した性格検査です。簡単に実施できる反面、受検者により回答を故意に歪曲できるという欠点があります。

性格検査にはこのY-G性格検査の他に、クレペリン、数研式M-G性格検査、CPIなどがあります。次にGAB(ギャブ)、これは幅広い職種を対象とした総合適性検査です。基礎学力以上に「知的能力」や「統率力」、「忍耐力」、「パーソナリティ」を重視する企業に多く活用されています。

CAB(キャブ)は現在あらゆる業種で活用されている「コンピューター職適性診断テスト」です。「知的能力」や「パーソナリティ」、「バイタリティ」、「忍耐力」など9つの項目のから分析され、SEやプログラマーなどに必要な能力を診断し、向き不向きを予測する検査です。

SPIはSynthetic Personality Inventory(総合人格評価)の略で、現在数ある総合適性検査の中でも最も多くの企業に活用されているものです。SPIは能力適性検査と性格適性検査から成り立ち、2002年10月には大幅に改訂されSPI2となりました。総合適性検査は他にCAREERVIEW、CETI、SAIなどがあります。

職業適性検査にはこれまでに述べた以外にもあらゆる機関が開発しており、筆記形式の他にもマークシートやWEB上での検査など、検査の形式も多様になっています。



Copyright (C) 2008 適性検査の種類と対策. All Rights Reserved.